browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

不動産手数料とは何か?

不動産手数料とは何か?

人生で一番大きな買い物とはなんでしょうか?おそらくほとんどの人が「マイホームの購入」と答えると思います。

人生に一度あるかないかのことなので、誰もが必ず経験しているというわけではないでしょう。

しかし、マイホームの購入よりも経験したことのある人が多いのが、賃貸物件への入居ではないでしょうか。

自宅から遠い大学に進学することになれば、大学の近くの賃貸マンションやアパートに入居することになるでしょう。

また銀行のように転勤の多い職種のサラリーマンは、なかなかマイホームを購入できずに賃貸のマンションを転々とすることが多いですね。

マイホームを購入した後に転勤となった場合は、お父さんだけが単身赴任というかたちになることもあります。

そうなるとお父さんは賃貸物件に住むことがほとんどですね。

まず賃貸物件に住むとなったら、物件探しをするわけですが、お部屋の間取りや立地条件もさることながら、一番重要といってもよいのは賃貸料でしょう。

いわゆる家賃というものです。

物件探しをする時に注意しなければならないのが、敷金、礼金などというたぐいの不動産手数料です。

この不動産手数料をチェックせずに家賃だけを見て契約することは避けてほしいと思います。

新しいお部屋で新生活をスタートする時

賃貸物件を借りるというのは、あまり物件選びに時間をかけられないことも多いですね。

例えば大学進学の場合。

もちろん合格することを目指して受験するわけですが、必ずしも合格できるとは限りませんから、合否がわかるまえに賃貸マンションを押さえておくなんてことはできません。

合格発表があってから、皆一斉にお部屋さがしをスタートするわけですから、いい物件を見つけようとすれば急がなければなりません。

入居する本人はまだ未成年ですから、お部屋探しから契約まで、親御さんがすることになりますが、そうなると可愛いわが子のために、少しでも便利で安全で快適なお部屋を・・・。

と思うのが親心です。

しかしそこでしっかりと見極めてほしいのが、賃貸契約時に必要になる不動産手数料というものなのです。

不動産手数料をお得にするなら

これから月々子どもにいくら必要なのかは計算していると思いますが、新生活のスタートに一体いくらかかるのか?選ぶ物件によってはその中で不動産業者に支払う不動産手数料が大きなウエイトを占めることになることに気づいていない方もいるのではないでしょうか。


© 2016 不動産手数料の仕組みがよく分かる